KOEI

総務部から

「リサイクル業界のイメージが変わった!」と言ってもらえるように──拠点展開に込めた興栄商事の思い

2020.08.19

横浜市に構える本社・横浜金沢事業所をはじめ、興栄商事では全国各地の事業所やオフィスに大規模投資を続けてきました。その背景にあるのは、「お客さまへリサイクル業界の新たなイメージを届けていきたい」という思いです。今回は、興栄商事が事業所展開の上で大切にしている考え方についてご紹介します。

大きな責任が求められている業界だからこそ

興栄商事の現本社(横浜市金沢区)は2013年に竣工しました。

 

大型設備や機器を導入し、セキュリティ体制の強化も進めている、まさに中心となる拠点です。

 

ちなみに本社や北九州事業所は産業廃棄物の中間処理における「優良認定」を取得しています。この優良認定という言葉、あまりなじみのない方も多いのではないでしょうか?

 

具体的には……

 

①遵法性(過去5年間に行政処分を受けていない)

②事業の透明性(事業内容をインターネットで公開している)

③環境配慮の取り組み(「ISO14001」の取得など、環境に配慮して事業を行っている)

④電子マニフェスト(排出事業者、収集運搬業者、処分業者による電子マニフェストを利用)

⑤財務体質の健全性(経営状況が良好で、黒字である)

 

という5つの項目をクリアしてはじめて、都道府県や政令指定都市からの認定を受けられる制度です。

 

(優良認定を受けている企業は、環境省のホームページ内で紹介されている「優良さんぱいナビ」などから確認できます)

 

神奈川県内においては、優良認定を受けている収集運搬業者の割合は全体の20%程度とされています。

 

その点ではハードルの高い認定制度であると言えるのかもしれません。裏を返せば、それだけの責任が私たちの業界に求められているということだと思います。

全国各地の都道府県と政令指定都市から「優良認定」取得

興栄商事は首都圏だけでなく、全国のお客さまのニーズに応えています。

横浜本社に加え、2007年に設立した北九州事業所(福岡県北九州市)でも産業廃棄物処理業(中間処理)の許可を取得。

 

現状では横浜本社で東日本全域、北九州事業所で西日本全域をカバーし、中部事業所(愛知県一宮市)を加えて全国に対応できる体制となりました。

 

先ほどご紹介した優良認定で収集運搬業においては、横浜市だけではなく、全国各地の都道府県や政令指定都市からも認定を受けています。

 

各地域で申請を行っており、今後も優良認定は続々と増えていく見込みです。

 

さらには東京・横浜・名古屋・博多の各地に営業拠点となるオフィスを構え、近年ではパソコンやスマートフォンなどIT機器の資産廃棄方法を提案することにも力を入れています。

お客さまに「安心感」というかけがえのない価値を提供する

IT機器の廃棄にあたり、多くの企業で懸念事項として上がるのが「情報セキュリティの担保」ではないでしょうか。

 

業務で使用するパソコンやスマートフォンには、個人情報や機密情報がぎっしりと詰まっています。

 

データ消去や端末の初期化は当然行うとしても、ハードディスク内に残された情報が本当に削除しきれているのか? 考え始めれば不安は募るばかりだと思います。

 

だからこそ私たちは、お客さまに心から安心していただくためのセキュリティ体制を整えてきました。

 

専用機器を使ってハードディスクなどを物理的に破壊する工程はもちろん、外部からの人の出入りや、社内での人の流れも厳格に管理しています。

 

(セキュリティ体制の詳細は、『興栄ジャーナル』次回記事でお伝えする予定です!)

 

産業廃棄物の排出事業者であるお客さまは、年に1回、廃棄物処理法において適正に処理されていることの確認が必要とされています。

 

そのため興栄商事の拠点にも、たくさんのお客さまが監査のために来訪されます。

拠点内が清潔に整理され、工場が適正に管理されている。個人情報をはじめとした重要データが漏洩しないよう強固なセキュリティ体制が取られている。そして、拠点で働く社員の一人ひとりが、いつも丁寧に気持ちよく、お客さまへごあいさつをする。

 

当たり前のことではありますが、そうした一つひとつの事柄を徹底していくことが、お客さまに「安心感」というかけがえのない価値を提供することにつながっていると思っています。

 

直近では新型コロナウイルスの影響もあり、産業廃棄物の処理やIT機器の廃棄について新たな課題を抱える企業も増えているのではないでしょうか。

興栄商事ではオンライン会議システムやビジネスチャットツールを導入、また今後は電子契約の仕組みなどの導入も予定しており、リモート環境のお客さまとも効率的に業務を進められる体制を整えています。

 

これはまだ構想段階ではありますが、将来的には、設備体制やセキュリティ環境などをより具体的にイメージしていただける「バーチャル工場見学」のような方法も検討していきたいと考えています。

 

興栄商事と出会って、「リサイクル業界のイメージが変わった!」と言っていただけるようにーー。

 

そんな思いで進化を続ける私たちの拠点に、これからも注目してください!