Koei Journal Koei Journal
遠方からのご依頼でも「変わらない安心」を提供する、全国対応のITAD事業
社員インタビュー

遠方からのご依頼でも「変わらない安心」を提供する、全国対応のITAD事業

情報通信機器の廃棄や再資源化・再利用に向けた処理を担うITAD事業では、首都圏だけでなく、全国各地のお客さまへのご提案に従事しています。遠方からでも安心してご依頼いただくための体制について、横浜本社の営業部門に所属して東日本全域を担当地域とする赤城に聞きました。

「信頼できる企業を探したい」と考える東日本各地のお客さまへご提案

――横浜本社や東京オフィスの営業部門が担うミッションについて教えてください。

 

横浜本社や東京オフィスに在籍する営業は東日本全域(関東、甲信越、東北・北海道)を担当地域としており、お客さまからのご依頼を受けて廃棄処理や買い取りのご提案をしています。最近ではITAD事業に関わる、パソコンやスマートフォンなどの情報通信機器に関するご相談が特に増えています。私は入社から約1年半で、40社以上の各地のお客さまとお仕事をご一緒させていただきました。

 

――実際に首都圏以外のお客さま先へ出向くことも多いのですか?

 

はい。私自身はこれまでに福島県や静岡県のお客さまのもとへ伺いました。私の上司の場合は、北海道や青森まで伺って対応しているケースもあります。地方の企業さまからもITAD関連のお問い合わせが増えていて、データ消去や破壊の方法についてご相談いただくことが多いです。大切な機密情報を取り扱うことを踏まえ、地元だけでなく全国へも対象を広げて信頼できる企業を探していらっしゃるのだと思います。

 

新型コロナウイルスの影響により、現在は電話やメール、オンライン会議によってお客さまとやり取りすることが増えていますが、直接お会いできなくてもご安心いただけるよう、最善の提案を心がけています。

情報機器の長距離運搬を安心してお任せいただくための工夫

――地方の企業さまが懸念されるリスクには、どのようなものがあるのでしょうか。また、そうした懸念を払拭するために取り組んでいることはありますか?

 

お客さまからお預かりした情報通信機器のデータ消去・破壊を行うITADセンター(横浜本社)は、強固なセキュリティ体制のもとで作業を進めています。ただ、遠方の企業さまの場合は、「機密情報が入った機器を長距離運搬すること自体がリスク」だと懸念されることもあります。

 

――たしかに、万が一の事故などの可能性を考えると、ITADセンターまでの距離は近ければ近いほどいいですよね。

 

とはいえ、興栄商事と同等のセキュリティ体制を持つ企業が地元では見つからず、私たちのもとへご依頼いただくケースも少なくありません。

 

そうした場合には、運搬の際に特殊な「セキュリティ台車」を使用することを提案しています。この台車は、機器を積み込む際にお客さま側で施錠していただき、ITADセンターに到着してからでなければ解錠できないようになっています。運搬を担当するドライバーも開けられない仕組みなのです。また、荷物にGPS端末を搭載して、運搬中にお客さまがリアルタイムに確認できるようにするサービスも提供しています。

 

もう一つの手段としては、私たちがお客さまのもとへ伺ってデータ消去や破壊の作業を行う「オンサイト」をご利用いただくことも可能です。「ハードディスククラッシャー」などの専用機器は全国へ持ち出すことができます。価格面でのご検討が必要になると思いますが、お客さまからのご要望があれば、私たちはどこへでもお伺いします。

多様化するニーズに応え、「頼られる営業パーソン」に

――情報通信機器の安全な処分を検討している地方の企業さまへ、どのようなメッセージを伝えたいですか?

 

先ほどご紹介したように、興栄商事では遠方のお客さまとお取り引きをする際のセキュリティ体制についても細心の注意を払い、日々アップデートを続けています。ご契約前の段階でも最善のフォローをさせていただき、遠方からのご依頼でも変わらない安心を提供できるように努めていますので、首都圏の企業さまはもちろん、首都圏以外の企業さまからもぜひご相談いただければと思います。

 

――営業チームとして大切にしている思いや心構えを教えてください。

 

「自分がお客さまだったら営業担当にどのように接してほしいか」という視点を常に持ち、何事もお客さまの目線で考えることが大切だと考えています。そのためには、まずお客さまのことをよく理解することが必要です。コミュニケーションを大切にして、どんなことでもご相談いただける営業チームでありたいと思っています。

 

興栄商事はITAD事業のさらなる拡大に向けて体制を整えているところです。お客さまから寄せられるニーズはますます多様化していくと思いますので、今後もスキルアップを重ねて、多くの方から頼られる存在を目指していきます。

Page To Top Arrow TOP